借地権割合について

借地権の評価額の計算には、その土地の更地としての価格と借地権割合が関係します。この借地権割合とはどのようなものでしょうか。

地主から建物の所有目的で土地を借りている場合に、家を建て登記しているときはその土地を使用できる権利として借地権が発生します。この借地権は財産に含まれるため、相続などの場合は課税の対象です。相続税を算出するために国税局が評価し、設定している割合が借地権割合です。一般的に地価と借地権割合は連動していることが多く、地価が高い地域ほど割合も高くなる傾向のようです。例えば、東京の商業地では借地権割合は80%~90%、住宅地ではそれより低く60%~70%のところが多いです。

この借地権割合は国税局のHPに掲載されています。財産評価基準に路線価とともに記載されており、アルファベットにより借地権割合が表されています。Aが90%でそこから10%ごとにアルファベット順になっており一番下がGで30%です。一緒に掲載されいる路線価とは、道路の面している宅地の1平方メートルの値段を千円単位で示したもので、借地権の評価を出すときに使用されます。借地権割合にこの路線価を掛けて評価額が算出できるので、HPをみることで借地権の評価額を出すことが可能です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク