借地権の評価額とは

建物の所有を目的に土地を借りることを借地というのですが、借地権が発生するかは借りる目的が関係しています。一般的に駐車場やゴルフ場などのために借りている場合には借地権は含まれないです。他人の土地を建物の利用を目的として地代を支払い借りることが借地権と定義されています。また、借地権が発生している土地の所有権のことを底地と呼びます。

借地権の評価額とは土地の評価額と借地権割合によって決まるのですが、相続税の算出の基本となる価格のことです。借地権に価格が生じることに疑問を持つ方もいると思いますが、借りている土地はそのときの経済状況や周囲の環境により地価が変動します。それに対し、実際に地主に支払う金額は変動することなく一定です。そのため地価などによる経済地代と支払っている地代に差が出てきます。この差により借りていることで借地人が得をしている場合、その経済的利益を紙幣額で表したものが借地権の価格になるのです。借地権を支払って取得しても賃料が安ければ経済的に見合うので市場でも取引が行われます。

借地権はこのように価格が発生する権利のため相続権も発生します。その際には契約期間などはそのまま継承され、今まで被相続人が支払っていた賃料を相続人が支払うようになります。また相続税が発生するのですが、その土地の自用地としての評価額と借地権割合を掛けた金額が想像く評価額となり、この金額対象となります。相続した借地権は売却することやその土地上の建物を賃貸することも可能です。
借地権はトラブルも多いため、相続した借地権の売買は専門家へ相談してみることをおすすめします。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク